日本マスターズ「競技規則」が改正されました。

  • -

日本マスターズ「競技規則」が改正されました。

Category : お知らせ

日本マスターズの「競技規則」が改正されました。

2017年4月1日付で改正された日本マスターズの「競技規則」を掲載します。
なお、「競技運営細則」「混成競技係数表」および「跳躍五種競技係数一覧表」の改正はありません。

主な改正点は以下の通り

1.マスターズ主催の以外の競技会の記録の公認について
  マスターズ主催の以外の競技会(陸連・陸協の公認競技会)の記録の公認については、
  下記の条件を満たし、記録公認1件につき記録公認料3000円納付することが義務付けられました。
  また、この場合の記録公認申請は、都道府県マスターズ陸上競技連盟から日本マスターズ
  への申請となります。
  (1) 大会のプログラムまたはその写し。
  (2) 申請者が出場した種目の参加者氏名と記録一覧表の写し。
  (3) 申請者の記録証明書(大会主催者、審判長、または記録主任のサインがあること。)
  (4) 所属マスターズ連盟の署名があること。
  (5) 日本記録申請時、年齢の確認できるもの(健康保険証、運転免許証等の写し)を
      必ず添付すること。
      (当該年度内であれば一度提出があった場合には、二度目から添付不要)
  (6) 世界記録、日本記録申請時は、トラック競技については写真判定主任のサインのある
      ゼロコントロールおよびフィニッシュ画像を必ず添付すること。
  (7) 記録公認料1件につき3,000円を納付すること。

2.風速の計測の追加・削除について
   (1)200mHは、風速計測を行う。
  (2)立五段跳の風速計測は行わない。

3.混成競技の名称変更ほか
   (1)「重量五種」の名称を変更して「投てき五種」とする。
  (2)やむを得ない事情が発生した場合、事前にその旨を大会要綱に明記するか、
     若しくは大会当日に選手の了解を得て、競技順序を変更することができる。
競技規則
競技運営細則
混成競技係数表
跳躍五種競技係数一覧表

782total visits,1visits today