マスターズ陸上の歴史

奈良マスターズ陸上競技連盟

歴史的に見ますと 1932年英国で始まったマスターズ陸上競技会は、その後欧米に広がり、1975年カナダのトロントで第1回世界マスターズ陸上競技選手権大会へと発展しました。

一方、わが国のマスターズ陸上競技は 1978年1月和歌山で産声を上げました。ついで、1980年4月、日本初の五輪金メダリストである織田幹雄氏を会長に日本マスターズ陸上競技連合が創立されました。
その年に第1回全日本マスターズ陸上競技選手権大会が和歌山で開催されてから毎年開催されています。
その後、日本各地のマスターズ陸上競技連盟として広がっていきました。

2005年3月8日をもって社団法人日本マスターズ陸上競技連合となり、2005年8月26日~28日の間、大阪長居陸上競技場で社団法人化・織田幹雄生誕100年記念・第26回全日本マスターズ陸上競技選手権大阪大会が開催されました。

2014年の第35回全日本マスターズ陸上競技選手権大会は第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会と併催となり、9月19日~23日に岩手県北上市で開催され、およそ2,900名の参加を得て成功裡に終了致しました。

今年度(2015年度)の第36回全日本マスターズ陸上競技選手権大会は、10月30日~11月1日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催致します。

245total visits,1visits today


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。